60歳以上でも働ける職場に勤めたい!

看護師パート → 看護師パートの求人-60歳以上でも働ける職場

看護師パートの求人-60歳以上でも働ける職場

看護師不足の現在、60歳以上であっても雇用してくれる病院は少なくありません。60歳以上の看護師はスキルが高いこともあって、あえて求人条件にあげている病院もあるほどです。
保育園で仕事をする看護師パートの1日

60歳以上の看護師が就職先を見つける場合、看護師専門の求人サイトや転職サイトを利用すると、より多くの求人情報を入手することができるでしょう。これらのサイトは、ネット上で検索できますが、60歳以上の方の場合、パソコンなどの操作が苦手な方もいらっしゃるでしょうから、そういった際には、身近な人にサポートしてもらう方法もあります。

看護師専門の求人・転職サイトに登録すると、専門のコンサルタントが相談にのってくれますので、60歳以上の採用が可能な病院、更に自宅から通勤が楽な病院等々の希望条件を伝えてみましょう。コンサルタントは、抱えている豊富な求人情報から条件に合った求人をピックアップして紹介してくれます。

このようなサイトでは、非公開求人といって、一般的な募集をかけていない特別な求人情報も扱っていますので、年齢が高い看護師の求人も多く持っている可能性が高いため、上手に活用すれば好条件の求人情報を入手できるでしょう。

また、年齢が高くなると、それだけ人脈もあると思います。例えば、以前勤務していた病院の関係者を頼って、60歳以上の看護師採用が可能な病院を紹介してもらうというのも一つの手段です。

現在の職場が60歳定年という規定があるならば、早めに病院関係者に相談して60歳以上でも勤務可能な職場を探してもらうと、定年退職を迎えても、次の職場で働ける安心感を得ることができます。「定年後も働きたいのに、どうしよう‥」という不安から開放されれば、気持ちよく定年を迎えることができるでしょう。

そして、知人に60歳以上で再就職した看護師がいらっしゃれば、転職成功のコツを教えてもらうと安心です。実際に成功した方の意見は、実に参考になりますので、転職の際の注意点も含めて把握することができます。60歳以上の看護師が転職するには、知人や転職サイトなどで豊富な情報を入手することがポイントです。

看護師の給料、手当、待遇、休暇は?

看護師と言えば夜勤などがあって、激務のイメージがあります。医療機関の形態や就業先によって違いがありますが、確かに大変な仕事であることは間違いありません。そうしたことと、長く続く看護師不足の影響もあり、一般的なOLに比べると看護師の給料は高い傾向にあります。

現在は大卒の初任給でも20万円いくかいかないかという時代です。地方だと公務員でも17万円程度と言われています。それが3年課程を卒業した新卒の看護師の場合、25万円くらいになるのです。看護師の全体では給料の平均が約35万円、看護師長クラスでは平均が40万円を超えます。

ただし先述したように看護師の仕事は大変です。病院勤務であれば、まず夜勤は免れません。夜勤を行えば「夜勤手当」が支給されますが、平均すると深夜勤の手当が4,500円程度、準夜勤の手当が3,500円程度となっています。病院によっては一度の夜勤で16時間もの就業が必要となることもあります。

夜勤そのものは約16時間でも、申し送りなどにより病院にいる時間としては17時間を超えることもあるようです。そうしたことを考えると決して十分な手当てとは言えないかもしれません。ましてや人の命を預かることを考えれば、給料の高さだけで看護師の仕事を評価できないでしょう。

実際看護師の多くが、心身の負担や責任、夜勤といったことを考えた時、給料は十分でないと感じているようです。他の職業でも言えることですが、仕事内容と給料とのバランスを考える必要があると言えます。

休暇についても、以前よりは取りやすくなっているようです。背景には看護師不足があり、休暇を与えないことで人材の流出につながることを医療機関側も懸念しています。

産前・産後休暇、育児休暇、復帰後の子育てと両立ができる体制づくりを充実させている病院も増えてきているのです。医療機関によるところではありますが、こうしたところも就業先を選ぶポイントとなるでしょう。